横浜で埋没法の体験をしてきました

一重の目がコンプレックスだった

一重の目がコンプレックスだった : 美容整形を決意し埋没法の施術を受ける : 痛みも無くコンプレックスを無くすことに成功

私は、自分の目に不満を感じていました。
人間の目は、その人の第一印象にもなり得ます。
そのため、非常に重要なパーツの一つだと思っています。
ところが、私の目はあまり見た目が良くありませんでした。
まず、一重になっていることです。
ほとんどの人が二重になっているのに私だけなぜか一重なため、どこか薄情な人に思われてしまうことがあります。
また、目もそれほど大きくなくどちらかといえば細いため、あまり好みではありません。
ある意味、自分自身の一番のコンプレックスといってもよいでしょう。
そこで私は、28歳になった時横浜で美容整形をすることにしました。
友達が美容整形外科に通っていることを知り、アドバイスを受けて通ことにしたわけです。

もしこの友達がいなければ、私は美容整形をすることはなかったでしょう。
美容整形をすることがなかったということは、いつまでもコンプレックスを抱えて生きていることになったわけです。
少なくとも、コンプレックスを抱えて生きているよりは、美容整形をして明るく生きた方が得だと感じました。
今考えても、美容整形をしたことに対して少しも後悔はありません。
まず、美容整形をするためには予約をしなければいけませんが、予約はなかなか取れないと友達がいっていた割には比較的簡単に取れました。
最初に予定していた第一希望の日はとれませんでしたが、第二希望に予約を入れることができたのです。